外壁が綺麗な家々

外壁塗装が相場以上の価格になる原因

電卓とペン

外壁塗装を依頼したところ、相場以上の価格になり驚く人も多いです。
なぜ、相場以上の価格になってしまうのかその原因を解説します。

依頼する業者が原因

相場以上の価格になった場合には、外壁塗装業者を確認してみましょう。
外壁塗装業者にはいくつかの種類があるのです。
ハウスメーカー、工務店、ホームセンター、リフォーム業者、訪問販売などがありますが、外壁塗装の専門業者に依頼しなかった場合には、中間マージンが掛かってしまうのです。
子会社、孫会社に外壁塗装を依頼することで、工事費用に金額が上乗せされることとなり、相場以上の価格になってしまうことが考えられます。

特殊な塗料を使用していることが原因

外壁塗装では、シリコンやフッ素系の塗料など様々な塗料があります。
無機塗料などはほかのものと比べると費用が高くなってしまいますが、ハウスメーカーに依頼することで、独自の塗料を使用することがあるのです。
独自に開発した塗料を使用することで費用が高くなり、相場よりも価格が上がってしまうのです。
また、赤系の塗料は高いとも言われています。
調合する際に使用する赤の顔料が高価なため、ほかの塗料の色と比べると高い金額に設定してあることがあるのです。